グローバルCIOの見通し

グッゲンハイム・インベストメンツ・グローバルCIOのスコット・マイナードが、マクロ経済の動向とグローバル投資機会への潜在的な影響についての洞察を提供します。



2021年7月30日

絶好調のその先は?

デルタ変異株がもたらすリスク資産への脅威


2021年7月26日

インフラ投資財源確保の解決策

オバマ政権時代のビルドアメリカ債を復活させれば 増税に頼らず資金調達が可能と考えられます。


2021年3月25日

「グリーンニューディール」の成功には 民間のパートナーが必要

「グリーンニューディール」は、大型政策としてではなく、カーボンニュートラルという壮大な目標を追求しながら米国経済を広範囲に再生するための機会ととらえるべきです。


2021年3月2日

雪降る中の酔っぱらい 金利のランダムウォーク

投資家が利回りを求めることが、10年物米国債金利に下押し圧力を加え、現在の利回りを持続不可能にすると思われます。


2020年10月22日

今は台風の目の中

今、市場が比較的穏やかだと思うのは嵐が過ぎたからではなく、台風の目の中にいるからなのです。


2020年7月29日

中国がますます重要になってきている

グローバルな経済や環境の課題が増えている中、米中間の協調や相互理解を深めることが重要となっています。


2020年7月27日

給与税減税は米国の雇用を回復させる

パンデミックは社会保障制度の見直しのきっかけとなるかもしれません。


2020年6月8日

FRBのロードマップ

経済の低迷が長引くのであれば、FRBはますます幾つかの非正統的な金融政策オプションを検討することになるでしょう。


2020年5月10日

もはや全ての企業が政府支援企業になった

今回の経済シャットダウンの間に米国企業に支援を与えることで、米政府にとって新たな道義的責任を負うリスクが発生することになりました。


2020年4月26日

来たる非難の応酬に備えよ

不十分かつ方向性が誤っている政策がもたらす予期せぬ結果とモラルハザード

Displaying Results 1 - 10 (of 25)