グローバルCIOの見通し

グッゲンハイム・インベストメンツ・グローバルCIOのスコット・マイナードが、マクロ経済の動向とグローバル投資機会への潜在的な影響についての洞察を提供します。



2020年7月27日

給与税減税は米国の雇用を回復させる

パンデミックは社会保障制度の見直しのきっかけとなるかもしれません。


2020年6月8日

FRBのロードマップ

経済の低迷が長引くのであれば、FRBはますます幾つかの非正統的な金融政策オプションを検討することになるでしょう。


2020年5月10日

もはや全ての企業が政府支援企業になった

今回の経済シャットダウンの間に米国企業に支援を与えることで、米政府にとって新たな道義的責任を負うリスクが発生することになりました。


2020年4月26日

来たる非難の応酬に備えよ

不十分かつ方向性が誤っている政策がもたらす予期せぬ結果とモラルハザード


2020年4月13日

迫りつつあるエマージング市場の危機

グローバル資本市場は、エマージング諸国企業のデフォルト上昇可能性が高まり始めていることを織り込んでいません。


2020年4月5日

慎重にリスクテイクを始める

パンデミックが進む中での資金配分: 次にドミノ倒しとなり得るのはエマージング市場


2020年3月27日

ファウストが悪魔と交わした契約

世界金融危機の際に使用された救済策と同様のものを政策立案者が再度使用することによってもたらされる結果に関する考察


2020年3月22日

大規模なレバレッジの解消が起きている

証券市場において資金調達やトレーディングが正常に機能していない理由は、金融市場における過剰レバレッジを解消しなければならなくなったからです。


2020年3月20日

バリュエーションは投資時期の決定をするためのツールとしては不十分

市場は行き過ぎることも多く、単に割安だからといって、それ以上値下がりするはずがないという意味にはなりません。


2020年3月19日

必要だが十分ではない

適切な対応策が用意されないと、企業経営に利用可能な信用枠の不足分が増え、危機はさらに深刻になるでしょう。

Displaying Results -9 - 0 (of 19)