グローバルCIOの見通し | 2020年10月22日

今は台風の目の中

今、市場が比較的穏やかだと思うのは嵐が過ぎたからではなく、台風の目の中にいるからなのです。


セクタービュー | 2020年5月20日 | ハイイールド債とバンクローンの見通し

「滑走路」の終わりに近づいている

本サイクルにおける米国の投資非格付セクターのデフォルト率は15%に達する可能性もありますが、一方で、ここ数年見られなかったより良いエントリーポイントを市場は提供しています。


グローバルCIOの見通し | 2020年5月10日

もはや全ての企業が政府支援企業になった

今回の経済シャットダウンの間に米国企業に支援を与えることで、米政府にとって新たな道義的責任を負うリスクが発生することになりました。


グローバルCIOの見通し | 2020年4月26日

来たる非難の応酬に備えよ

不十分かつ方向性が誤っている政策がもたらす予期せぬ結果とモラルハザード


グローバルCIOの見通し | 2020年4月13日

迫りつつあるエマージング市場の危機

グローバル資本市場は、エマージング諸国企業のデフォルト上昇可能性が高まり始めていることを織り込んでいません。


グローバルCIOの見通し | 2020年4月5日

慎重にリスクテイクを始める

パンデミックが進む中での資金配分: 次にドミノ倒しとなり得るのはエマージング市場


グローバルCIOの見通し | 2020年3月27日

ファウストが悪魔と交わした契約

世界金融危機の際に使用された救済策と同様のものを政策立案者が再度使用することによってもたらされる結果に関する考察


ビデオ

グッゲンハイムの哲学

インベストメント部門会長兼グローバルCIOであるスコット・マイナードが、グッゲンハイム パートナーズのマクロ経済および投資リサーチ部門統括します。弊社のエコノミスト、ストラテジストおよびアナリストは、経済および政策分析し、それらが資産価値に与える影響評価し、投資家提供します

債券市場における核心の問題を解く

フィクスド・インカムCIOのアン・ウォルシュが、債券市場についての洞察と債券市場における核心の問題に対するグッゲンハイムの解決アプローチについてご説明します。