ハイイールド・クレジットの利回りに注目

適切に分散化されたクレジットポートフォリオには、ハイイールド債とバンクローンの両資産クラスを組み入れるべきです。

2021年8月31日


ハイイールド債とバンクローンの見通し

2021年第3四半期

本レポートのハイライト

重要な通知及び表明事項

指数及びその他の定義

ここに表示された指数は、運用されているものでなく、直接投資の対象とすることはできません。指数のパフォーマンスは取引コスト、報酬または費用を含みません。

Credit Suisse Leveraged Loan Indexは、投資可能な米ドル建レバレッジ・ローン市場をトラックします。これは、「5B」またはそれ以下のローンから構成され、この指数に含まれる最も高いローンは、ムーディーズ/SPの格付においてBaa1/BB+またはBa1/BBB+です。すべてのローンは、先進国に所在する借手による最低1年満期の借入れ済みタームローンです。

Intercontinental Exchange (ICE) Bank of America Merrill Lynch High-Yield Index はハイイールド債の一般的に使用されるベンチマーク指数です。

S&P 500 Indexインデックスは、市場加重、スプレッド、利払いに基づいて、米国のレバレッジド・ローン市場のパフォーマンスを測定するように設計されています。

ベーシス・ポイント(bps)は、ある商品の価値または利回りの変化を表すために用いられる計測単位です。1ベーシス・ポイントは、0.01%と同一です。

3年満期割引マージン(dmm)は、割引マージンとも呼ばれ、ローンの平均残存期間を3年と仮定した場合の、ローンのリファイナンス利回りから現在の3ヶ月間のLiborレートを差し引いたものです。

London Interbank Offered Rate (Libor)とは選ばれた銀行グループが無担保の短期資金調達のために互いに請求するベンチマークレートのことを

Spreadとは、同様の満期の米国債の利回りとの差を言います。

EBITDAとは、利払い・税引き前・償却前利益のことを指しており、事業の収益力の指標として標準的に使用されています。

リスクに対する考察

債券投資は、信用リスク、流動性リスク、金利リスクおよび商品によってはカウンターパーティーリスクを負っています。これらリスクは、投資が、一つの発行体、産業、地域または国に集中している限りにおいて、増大する可能性があります。一般に、債券投資の市場価値は、とりわけ、元となる債務の対象債務者または合成証券の場合は参照対象債務の債務者もしくは発行者の財務状況、経済全般の状況、特定の金融市場、政治的イベント、ある特定の産業の発展またはトレンドの状況及び適用金利水準の変動状況に応じて変動します。債券投資には金利上昇に伴い価値が下落する恐れがあります。

バンクローンは、通常投資適格未満であり、様々な理由により非収益化、または不良化することがあります。非収益化した、または不良化したローンは、実態的に新しい条件のための交渉又はリストラクチャリングを必要とすることがあり、それが、とりわけ、利率の相当な減免、ローン元本の相当な償却等の結果となることがあります。加えて、特定のバンクローンは、高度にカスタマイズ化されているので、公に取引される証券に比べ容易に売買できないことがあります。セカンダリー取引市場においては、制約が課せられる場合があり、適切なレベルの流動性が確約されるわけではありません。ある種の銀行ローンにおいては、譲渡に当たって制約が課せられる場合があります。バンクローンに関連するリスクは、一般的に、プレミアムまたはペナルティーの受け払いなくいつにても繰り上げ償還が発生する可能性を含みます。ハイ・イールド・デット証券は投資適格証券と比較してより大きいクレジットリスクと流動性リスクを負っています。

ハイ・イールド・デット証券は、一般に無担保であり、当該発行体の一部の他の債務よりも劣後することがあります。ハイ・イールド・デット証券が低格付けであり、投資適格未満のローンであることは、発行体の財務状況、経済全般の情勢又はこれら双方が不利に変化した場合に、元本又は金利の支払い能力を毀損する可能性がより大きいことを反映しています。投資適格未満の格付の証券は、一般に「ジャンク・ボンド」と呼ばれています。ハイ・イールド・デット証券のリスクは、とりわけ下記を含みます。 (i) 流動性及びセカンダリー市場のサポートが限られていること、 (ii) 適用金利水準の変化により市場において相当程度のボラティティが生ずること、(iii)ハイ・イールド・デット証券の発行者の収入が、 債務の返済にあたり不十分となる可能性があること、並びに (iv) 金利上場局面、経済の下降局面又はこれら双方により、このようなハイ・イールド・デット証券の発行体の信用力低下及び潜在的な倒産の可能性。経済情勢の悪化又は金利上昇により、ハイ・イールド・デット証券の市場が著しく毀損されることがあり、発行済のハイ・イールド・デット証券の価値及び当該発行体の元利金の返済能力に悪影響を及ぼす可能性があります。ハイ・イールド・デット証券の発行体は、レバレッジ比率が高いことがあり、従来からある資金調達ができない可能性があります。

本資料は専ら情報提供もしくは教育目的のためにのみ配布されており、いかなる有価証券、投資戦略または投資商品に関して、投資助言または推奨をするものではありません。この資料はフィデューシャリー義務の立場から提供されたものではなく、投資決定を行うための十分な根拠となることを意図したものとみなすべきではありません。また、特定の有価証券の売買に関する勧誘とみなしてはなりません。 本資料は、会計、法務または税務上のアドバイスを供与するという考えから頒布するものではありません。これらの問題については、貴社の法律または税務上のアドバイザーに助言を求めてください。

本資料は、著者の意見を含みますが、グッゲンハイム・パートナーズまたはその子会社の意見を含むものとは限りません。著者の意見は、予告なく変更することがあります。本資料に含まれる将来にむかっての表明、予測および一定の情報は、自社または他社の調査および他の情報源に基づくものです。本資料に含まれる情報は、信頼に足ると信ずる情報源より取得していますが、その正確性を保証するものではありません。本資料の如何なる部分も、グッゲンハイム パートナーズLLCの書面による明示的同意なしには、如何なる方法であれ、複製し、または引用することはできません。過去のパフォーマンスは、将来の結果を暗示するものではなく、そのような情報に基づく判断につき、現時点における正確性、責任を表明または保証するものではありません。

1 グッゲンハイム・インベストメンツの預り資産総額は、2021年3月31日現在のものです。ここには、運用資産に対するレバレッジを含む154億米ドルを含みます。グッゲンハイム・インベストメンツは、下記の関係会社による投資運用業務を総称します。Guggenheim Partners Investment Management, LLC, Security Investors, LLC, Guggenheim Funds Distributors, LLC, Guggenheim Funds Investment Advisors, LLC, Guggenheim Corporate Funding, LLC, Guggenheim Partners Europe Limited, Guggenheim Partners Fund Management (Europe) Limited, Guggenheim Partners Japan Limited, GS GAMMA Advisors, LLC, and Guggenheim Partners India Management.

2グッゲンハイム・パートナーズの運用資産は、2021年6月30日現在のものであり、時価約780億米ドルの顧客へのコンサルティング・サービスの対象資産を含みます。

年 グッゲンハイム・パートナーズLLC。グッゲンハイム・パートナーズ LLC による明示的な書面による許可なく、本文書のいかなる部分についても、いかなる形式における再作成および他の出版物における引用を禁じます。Guggenheim Funds Distributors, LLC,はグッゲンハイム・パートナーズ LLCの関連会社です。お問い合わせについては800.345.7999または800.820.0888にお掛け下さい。

Member FINRA/SIPC

2 グッゲンハイム・パートナーズの運用資産は、2021年3月31日現在のものであり、時価約780億米ドルの顧客へのコンサルティング・サービスの対象資産を含みます。

© 2021年 グッゲンハイム・パートナーズLLC。グッゲンハイム・パートナーズ LLC による明示的な書面による許可なく、本文書のいかなる部分についても、いかなる形式における再作成および他の出版物における引用を禁じます。Guggenheim Funds Distributors, LLC,はグッゲンハイム・パートナーズ LLCの関連会社です。お問い合わせについては800.345.7999または800.820.0888にお掛け下さい。

Member FINRA/SIPC


今は台風の目の中 - Featured Perspectives
2020年10月22日

今は台風の目の中

今、市場が比較的穏やかだと思うのは嵐が過ぎたからではなく、台風の目の中にいるからなのです。

「滑走路」の終わりに近づいている - Featured Perspectives
2020年5月20日

「滑走路」の終わりに近づいている

本サイクルにおける米国の投資非格付セクターのデフォルト率は15%に達する可能性もありますが、一方で、ここ数年見られなかったより良いエントリーポイントを市場は提供しています。

もはや全ての企業が政府支援企業になった - Featured Perspectives
2020年5月10日

もはや全ての企業が政府支援企業になった

今回の経済シャットダウンの間に米国企業に支援を与えることで、米政府にとって新たな道義的責任を負うリスクが発生することになりました。