流動性が牽引した上昇相場の向こう側に見えるもの

流動性が牽引した上昇相場の中でクレジット・スプレッドは縮小する可能性があります。 しかし歴史は現時点からスプレッドはむしろさらに拡大する可能性を示唆しています。

2019年8月22日


Fixed Income Outlook video

アダム・ブロックとマット・ブッシュが第3四半期の債券市場アウトルックについての見解をご説明します。


債券市場アウトルック

2019年第3四半期 債券アウトルック

本レポートのハイライト

重要な通知及び免責事項

この資料は専ら情報の提供を目的としたものであり、いかなる有価証券、投資戦略または投資商品に関して、投資助言または推奨をす るものではありません。本資料はリサーチまたは投資判断を行うために十分な根拠を提供することを意図した資料であるとして捉えては なりません。資料は、会計、法務または税務上のアドバイスを供与するという考えから頒布するものではありません。これらの問題につ いては、貴社の法律または税務上のアドバイザーに助言を求めてください。

本資料は、著者の意見を含みますが、グッゲンハイム パートナーズまたはその子会社の意見を含むものとは限りません。著者の意見 は、予告なく変更することがあります。本資料に含まれる将来にむかっての表明、予測および一定の情報は、自社または他社の調査お よび他の情報源に基づくものです。本資料に含まれる情報は、信頼に足ると信ずる情報源より取得していますが、その正確性を保証す るものではありません。過去のパフォーマンスは、将来の結果を暗示するものではなく、そのような情報に基づく判断につき、現時点にお ける正確性、責任を表明または保証するものではありません。本資料の如何なる部分も、グッゲンハイム パートナーズLLC の書面によ る明示的同意なしには、如何なる方法であれ、複製し、または引用することはできません。

過去の実績は将来の成果を示唆するものではありません。また、そのような情報に基づく判断につき、現時点における正確性、責 任を表明または保証するものではありません。

投資には元本を失う可能性を含むリスクが伴います。確定利付商品への投資は、金利が上昇し価格が落ちる可能性を伴います。モ ーゲージ担保証券やCLO を含む資産担保証券やその他ストラクチャードファイナンスの投資に対する支払いは、金利と元本の一部か らなります。これらの支払いは原資産の借り手がローンを返済する比率によって異なります。資産担保証券の一部には、金利およびそ の他のファクターに対する動きを予想することが困難な構造を有するものもあり、結果価格変動がより激しくなることがあります。これら 商品は特に金利、信用、流動性および評価リスクを伴います。ハイ・イールド債券は、ハイイールド債券は流動性が低いことがあるため 追加的なリスクをもたらす可能性があります。したがって、正確な評価を行い有利な価格または時期に売却することが難しく、投資適格 債よりも信用リスクが高くなります。ハイイールド証券の価格は、発行者固有の業績と見通し、ならびに実際のまたは認識される経済面 の業界競争力の悪化によりボラティリティが大きくなる傾向があります。ローン・シンジケーションやその他のダイレクトレンディングを含 むバンクローンへの投資は、信用リスク、金利リスク、カウンターパーティリスクおよび早期償還リスクを含むある特定のリスクを伴いま す。ローンは固定金利または変動金利です。バンクローンは通常投資適格未満で、無格付けであることもあり、正確な価値評価が難しく、同様の格付けや満期の固定利付き商品に比べ流動性リスクが高いことがあります。地方債投資には金利、信用、流動性および評価リ スクを伴います。地方債市場は、規制上または政治情勢に基づく悪影響及び州及び地方発行体または当該地方債に財務上の支援を 行っている場合には連邦政府の財務状況の悪化により影響を受ける場合があります。優先証券は、債券やその他のデット保有者への 支払い義務を満たしたうえで配当が支払われます。そのため、優先証券の価格は債権やその他のデットと比べ発行企業の財務状況や 財務見通しによって大きく変動する場合があります。ベーシスポイント:ある商品の価値または利回りの変化を表すために用いられる計 測単位で、1 ベーシス・ポイントは、0.01%となります。

©2019, グッゲンハイム・パートナーズLLC。本資料の如何なる部分も、グッゲンハイム パートナーズLLC の書面による明示的同意なし には、如何なる方法であれ、複製し、または引用することはできません。


「滑走路」の終わりに近づいている - Featured Perspectives
2020年5月20日

「滑走路」の終わりに近づいている

本サイクルにおける米国の投資非格付セクターのデフォルト率は15%に達する可能性もありますが、一方で、ここ数年見られなかったより良いエントリーポイントを市場は提供しています。

もはや全ての企業が政府支援企業になった - Featured Perspectives
2020年5月10日

もはや全ての企業が政府支援企業になった

今回の経済シャットダウンの間に米国企業に支援を与えることで、米政府にとって新たな道義的責任を負うリスクが発生することになりました。

来たる非難の応酬に備えよ - Featured Perspectives
2020年4月26日

来たる非難の応酬に備えよ

不十分かつ方向性が誤っている政策がもたらす予期せぬ結果とモラルハザード